両手に無数のあかぎれ

私と同じ身体の悩みある?

老化による身体の衰え、人間関係で受けるストレス、そしてそれを原因とした皮膚の荒れ、麻痺、そういったものって身近にあるようなので、みなさんと悩みを分かち合いたいと思いました。

私の体質の悩みについて

読了までの目安時間:約 2分

指輪を触る女性

私の身体上の悩み、というか体質上の悩みを書きます。

それは私の場合は冬場になると出てきます。1つは寒くなると両手に無数のあかぎれができることです。冬場になると手がかじかんでくるので熱湯を頻繁に使用するためか両手からあかぎれがなくなることがありません。

冬場はトイレの回数も多くなるため日中はハンドクリームを塗っても効果がなく、夜寝る前にハンドクリームを手によく刷り込んでいますが手から完全にあかぎれがなくなることは今までなかったです。

2つ目はエアコンの煖房が体質に合わないことです。私の場合、室内のエアコンの煖房が入っていると暖かいというより顔が火照ってきてむしろ気持ち悪くなってきます。私は部屋の窓などを閉め切っていれば十分に暖かく感じることができるのでエアコンの煖房が苦痛にしか感じられません。

3つ目は冬場の冷えが体全体ではなく、末端ばかりに感じることです。末端とは手足の指先のことです。体全体はそこまで寒さを感じずに冬でも室内ではTシャツ1枚でも過ごせるのですが、手足の指先ばかりが冷え切ってしまい、感覚がなくなることばかりです。なので私の場合は冬場の暖房器具はストーブだけになります。

ストーブの前でひたすら手足の指先ばかりを温めるが、室内全体を温めるエアコンはいらないという大変困った体質であります。私以外にもこのような症状をお持ちの方がいるのかどうか気になるところであります。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー